サリーさんの不思議な薬箱 お薬番号23

不思議な薬箱

こんにちは!
「サリーさんの、不思議な薬箱」です。
そろそろ、どの薬にしようかな?と、
選べるくらいに、ご紹介してきましたか。
どの薬も、人生を大いに満喫させてくれる冒険付きですね。
滅多にない薬ばかりですので、
どれをとっても、悔いはないと思いますよ。
では、今日も、お薬箱を開けてみましょう。

お薬番号 23「吸血鬼に噛まれた際の治療薬」
023-001-400
昔は、よく、街、村などに生存が確認されていたようですが、
現代では、もう、滅多に聞かれなくなりましたね。
そう、ヴァンパイア、吸血鬼です。
人の生血を吸うことで、自らを活かしているあの呪われた種族です。
最強を誇る高貴なモンスターとしても、有名ですよね。
さて、この種族にガブリッと噛まれて、
血を吸われた場合、吸われた人もヴァンパイアとなってしまうという、
困った後遺症が出てしまいます。
それも、オリジナルの下僕としてです!
これは、あまり選択したくない人生ですが、
もし、運悪く噛まれてしまった場合、
もう、退治されるのを待つしか、
ヴァンパイアとしての生きざまを終わらせることは不可能です。
自ら、枯渇することを選べるほど、
吸血衝動は、抑えきれるものではありません。
さて、この処方は、
ルーマニアの山岳地方にある古い修道院で発見されたものです。
羊皮紙に残された処方箋ですが、
吸血症という、一種の病気の症状として記されていました。
吸血鬼、ヴァンパイアに噛まれても、
吸血鬼の下僕と成り果てることなく、
運が良ければ助かり、
たとえ、運が悪くても、安らかに往生できるのです。
永遠に近い間、ヴァンパイアの下僕として、
美しいディナーをさらって来るという、
かなりの重労働を強いられるよりはいいでしょう。
では、調剤料をご紹介しましょう。
023-002-400
吸血鬼に噛まれた際の治療薬

ヴィタルバの種の油・・・・・・・・・・・20㏄
アーモンドの油脂・・・・・・・・・・・・20㏄
エニシダの種子・・・・・・・・・・・・・10粒
羊の胎児の血液・・・・・・・・・・・・・10㏄
馬の脂肪・・・・・・・・・・・・・・・・5g
聖水・・・・・・・・・・・・・・・・・・30㏄
リーキの葉・・・・・・・・・・・・・・・1枚
聖書の創世記を焼いた灰・・・・・・・・・1枚
チョウジ末・・・・・・・・・・・・・・・10g
ボレイ末・・・・・・・・・・・・・・・・10g
センソ・・・・・・・・・・・・・・・・・2滴
シナモン末・・・・・・・・・・・・・・・適量

諸注意
油や油脂は、新鮮な物を良しとします。
搾り立てを用意しましょう。
羊の胎児の血液も、絞り立てが一番です。
リーキの葉は、微塵に切って磨り潰して使用しましょう。
聖書の創世記のページを焼く時は、
熱く焼いた鉄板の上で行いましょう。
偏らないように、よく混ぜてください。
油や油脂、脂肪、血液などと混ぜ合わせる時は、
ダマにならないように丁寧に。
023-003-400
備考欄
さて、この薬の服用のタイミングは?
噛まれた後? 噛まれる前?
はい、どちらでも結構ですが、
まあ、ヴァンパイアが住んでいるような、
街や村に好んで住むこともないですよね。
いたしかたなく、そういう危険区域で、
生活をしなくてはならない場合にのみ、
有効かもしれません。
しかし、彼らは、多少、蒼白い顔色をしているくらいで、
見掛けからは、あまり、識別できそうにありませんから、
そういう存在がいると起こりがちな事件などから判断して、
危機回避のために使用するということも可能ですね。
映画やドラマで伝えられているほど、
かっこうよかったり、美しかったりな生き様ではありませんよ。
永遠の渇望と飢え、死ねない苦しみなど、
モンスターにしては、けっこうたいへんな毎日だと思います。
煙のようになれる、蝙蝠や鴉に変身可能、
かなりの怪力となり、壁をよじ登ることもできる。
見つめる相手を魅了する力もあり、
人を操ることも。
こんな、特典でもなければ、やっていられないでしょう。
ルーマニアの一地方の吸血鬼を狩る者たちの一族は、
かならず、こういう薬を服用しているようです。
敵の軍門に下るくらいなら、
死を選ぶというところでしょうね。

*注意 必ずお読みください*

御使用の際には容量、用法をお守りください。

万が一の服用もお勧めできませんし、

一切の責任を取ることはできません。

ご自身の賢明な判断と自己責任の上お楽しみください。