サリーさんの不思議な薬箱 お薬番号19

不思議な薬箱

こんにちは!
「サリーさんの、不思議な薬箱」です。
摩訶不思議なお薬は、いかがですか?
効果は、保証付きです。
正しい薬剤と、正しい調剤を守れば、
世界に二つとない、不思議な薬を手にできます。
では、薬箱を開けてみましょう。

お薬番号 19 「人から見えなくなる薬」

19-01-350

透明人間になるわけではありません。
人から見えなくなるというだけです。
透明人間のように、
人にぶつかったり、
見えないだけで感触があったりもしません。
ここいらへんが、不思議ですね。
不可視であり、物理的存在感もなくなる。
まるで、幽霊のようにです。
実は、このお薬の歴史は古く、
アレクサンドロス三世の時代なのです。
かの若き大王が、連戦連勝を繰り返し、
はるか地平の彼方まで進撃できたのは、
不思議と神秘の理由もあるということなのです。
アレクサンドロス三世は、
その家庭教師であったアリストテレスから、
古文書に残されたさまざまな薬剤の資料を見せてもらい、
その中の一つが、この見えなくなる薬でした。
アレクサンドロス三世の初陣であった、
カイロネイアの戦いで、輝かしい戦績を挙げた際に、
この薬の功績もあったからとか。
では、調剤料をご紹介しましょう。

人から見えなくなる薬
ツバメの肝臓・・・・・・・・・・・・1個
ガデット・・・・・・・・・・・・・・30g
月長石の微粉末・・・・・・・・・・・20g
アブシント酒・・・・・・・・・・・・20㏄
バラニテス油・・・・・・・・・・・・30㏄
ベセジェ・・・・・・・・・・・・・・20g
セウネの実・・・・・・・・・・・・・3個
コロハマメ・・・・・・・・・・・・・20粒

用法
ガデットは、夜に採集すること。
アブシント酒と月長石の微粉末は、
玉にならないように、しっかりと混ぜ合わせましょう。
バラニテス油は、品質が落ちやすいので、
冷暗所に保存し、日光に当てないように気をつけてください。
セウネの実は、種が大変多いので、
採集して、影干しし、
保存しておくと便利です。

19-02-300

備考欄
このお薬の使い様は、
どう考えても、悪いことか、各国のスパイ活動用ですね。
もちろん、通常のカメラにも、
赤外線カメラにも、レーダーにも感知されません。
隠密裏に動くなら、まず間違いなく成功します。
証拠も残さない、何が起こったのかも、謎です。
まあ、しかし、調剤法を知るためなら、
当局から狙われてしまうことは必至ですね。
あなたがこっそり、
欲しい物を手に入れるために使用するにしても、
調剤料の入手は、けっこうな苦労です。
こうなりますと、国家的パワーに頼るのもありですかね。
手を尽くして、世界中の秘境に分け入ってくれるのは、
特殊部隊のみなさんにお任せするとして、
採集された調剤料は、最高の研究機関によって、
製薬されることになります。
あなたが、命懸けで、多大なる犠牲を祓い、
最高の幸運を使い尽して調剤を行い、
古の賢者を信じて飲み干す相当な勇気を絞り出さずとも、
危険性が、ある程度少ない服用が可能かもしれません。
そのための被検体も、しっかり用意してくれるでしょう。
まず、世界平和のために尽力されることはありませんから、
割り切る必要がありますが。

 

*注意 必ずお読みください*

御使用の際には容量、用法をお守りください。

万が一の服用もお勧めできませんし、一切の責任を取ることはできません、

ご自身の賢明な判断と自己責任の上お楽しみください。